金融知識GETなう!

総合支援資金を受ける条件

失業して無職になった方や、収入の少ない方などのために、国や自治体からの支援として、総合支援資金が存在しています。 この基金の対象となる人の場合には、生活面で様々な条件が有るので、確認しておきましょう。 まず第一に住む場所が存在していることです。 住民票などで本人が存在している場所であると確認ができることも、条件の一つとなっています。 自宅が存在している方、アパートなどを借りている方はであれば、受けることが可能です。 また、住民票が非課税になる程度に低所得であることも、条件の一つとなっています。 実際に確定申告での年間所得が35万円以下の場合であれば、受給される可能性があります。 とはいえ、収入のすべてがその金額というわけではなく、収入から必要な控除を差し引いた金額が35万円以下の場合には、適用されています。 また、自立して働くために変換できる見込みがあるための仕事を探すなどの計画を立てることも必要となります。 返済する意志が見られない方のためには、貸付が行われないことも少なくありません。 また、他の公的貸付や給付を受けていない場合や、ハローワークで求職登録が有ることなども条件の一つとしてあげられていますので、もし需給を希望される方がいたら、ハローワークで求職登録を行い、職業相談を受けておく必要もあるのです。 その全ての手続きを終えてから、自治体の相談窓口に相談することで、給付を受けられる可能性があります。

お役立ちリンク:5万円借りたいときに5万円キャッシングできるところ