金融知識GETなう!

債務者の資力を補充する保証人の役割

保証人とは、金融機関や貸金業者等からお金を借りた主たる債務者が、その債務を返済できなくなった場合に代わりに債務を返済する責任を負う者を言います。 主債務者が自らの資金や財産をもってしても返済できなくなった際には、保証人の資金や財産をもって返済しなければなりません。 貸し付けた債権者としては、債務者が返済困難になるリスクに備えて、予め債務者以外の第三者で、資力がある者や一定の収入がある者を人的担保として要求することがあるのです。 もっとも、保証人には催告の抗弁権と検索の抗弁権があり、債権者からの請求に対して抵抗することが認められます。 催告の抗弁権とは、債権者の請求に対して、まずは主債務者に請求すべきといえる権利です。 また、検索の抗弁権とは債権者が財産に強制執行をかけて競売しようとしたときに、まずは主債務者の財産を差し押さえよと言える権利です。 もっとも、主債務者に資力も財産もなくなっていて、返済不能な場合は結局のところ抵抗しても意味がないかもしれません。 近年ではこうした個人による人的担保をとらず、保証会社の保証を受けさせるケースも増えています。 人的担保の場合は主債務者と個人的な信頼関係があり、資力がある者を立てるのが一般的で、通常は親や兄弟姉妹などの家族、親戚、友人にお願いすることが多いでしょう。 この場合に依頼する手数料などは発生しません。 一方で、保証会社の保証を利用する場合は保証料がかかり、その分、債務者の支払いコストが増えます。

お役立ちリンク:80万円借りる