金融知識GETなう!

キャッシングでお金を返さなくてもいい免責

キャッシングを利用していると、利用規約を目にすることがあります。 これは、キャッシングの利用についていろいろな面でしっかりと契約内容を記述しているもので、どのキャッシング会社にもあるものです。 また、カードローンなどでカードを貰う場合にカードに利用規約がついていたり、公式サイトに掲載されていたりする場合もありますね。 この利用規約の中には『免責』というものがあります。 これは何かというと『責任を免除する』という文面の通り、キャッシング会社ではこのような状態の場合には責任を追うことはしませんよ、というようなケースもあれば、借り入れを行っている人が責務を行わないというようなケースも有ります。 後者の場合で言うと、この場合は圧倒的に自己破産などをした場合に多いものです。 この場合は特に、銀行の借り入れやキャッシングで出来た借金などを返済する必要がなくなっているということでもあります。 借入をしても返済をしなくて済むというのはとても嬉しいことのように思いますが、実際は結構大変なことでもありますし、また、自己破産によって資産を整理したりすることで、家や土地・車などを手放すケースも多いものです。 また、最近は特に連帯保証人がいる場合には、その連帯保証人にも請求が行くこともありますので、方々に迷惑をかけてしまうということでもありますね。 このため免責の手続きをし、免責になったからといって一概にいいことばかりとも言えないのが現状です。

お役立ちリンク:100万円借りる